「健康企業宣言」と「健康優良企業認定制度」について

健康企業宣言とは・・・

健康優良企業を目指して、企業全体で健康づくりに取組むことを宣言し、一定の成果を上げた場合は「健康優良企業」として認定される制度です。

2016年8月から受付が始まりました。

参加出来る企業

東京都内の健康保険組合に加入する企業が参加出来ます。

関連する制度/施策は・・・

対象が上場企業に限られますが、先行する制度として「健康経営銘柄」があります。

政府が進める日本再興戦略に位置付けられた「国民の健康寿命の延伸」に対する新規施策の一つであり、従業員の健康管理を経営的な視点から考え、戦略的に実践する優れた上場企業を1業種につき1社選定し、投資家にとって魅力ある企業として紹介することを通じて、企業による「健康経営」の取り組みを促進することを目的としています。

2016年度が第2回目の選定となり、25社が選ばれています。

詳細は、下記を参照してください。

http://www.meti.go.jp/press/2015/01/20160121001/20160121001.html

 

さらに、2016年度から上場企業に限らず大規模法人の内健康保険組合等と連携して優良健康経営を実践している法人について500社を認定する「ホワイト500」認定制度がスタートしています。

詳細は下記を参照してください。

http://www.meti.go.jp/press/2016/08/20160822001/20160822001.html

健康優良企業認定までの流れ・・・

1.参加申込みまで

  1. 事業主(会社)は「健康企業宣言チェックシートStep1」、「健康企業宣言実施結果レポートStep1」により、この宣言での取組みの全体像を確認し、自社の健康課題を確認します。
  2. 事業主(会社)は「健康企業宣言Step1 FAX申込書」を当健保に提出します。「健康企業宣言登録事業所」として当組合のホームページ上で紹介します。
  3. 当健保は応募用紙を健保連東京連合会に提出し、健保連東京連合会が作成した『健康企業宣言Step1「宣言の証」』を事業主(会社)に交付します。

「健康企業宣言Step1」を行った会社は、下記を参照してください。

これまでの参加企業一覧 健康保険組合連合会東京連合会

2.取組みから認定まで

Step1

  1. 事業主(会社)は、健康課題の項目を含め「健康企業宣言チェックシートStep1」に掲載の18の質問項目について、改善・維持の取組みを実践します。
  2. 事業主(会社)は概ね1年経過後、あるいは達成基準である80点以上を獲得した時点で、「健康企業宣言実施結果レポートStep1」に点数等を記入し、当健保に報告します。
  3. 当健保は健康企業宣言実施結果レポートを健保連東京連合会に提出、健保連東京連合会は達成基準を満たしていると認めた場合は、「健康優良企業銀の認定証」を作成し、当健保より事業主(会社)に交付します。次年度はStep1の取組みを継続するか、またはStep2へチャレンジすることができます。
  4. 達成基準を満たさなかった場合には、継続して宣言行動に取組んでいただきます。

Step2

「Step1」を達成した会社が「Step2」へチャレンジできます。

「Step2」へのチャレンジについては、職場の健康経営、本人と家族の健康づくり、安全衛生が取組みのテーマとなり、テーマをクリアすると健康企業宣言東京推進協議会より健康優良企業として「金の認定証」が贈呈されます。

参加申込は、「Step1」と同様に「健康企業宣言チェックシートStep2」、「健康企業宣言実施結果レポートStep2」を確認の上、「健康企業宣言Step2 FAX申込書」を当健保に提出します。

健康優良企業認定制度の運営団体は・・・

健康企業宣言東京推進協議会です。下記団体が参加しています。

[医療保険者]

健康保険組合連合会東京連合会、全国健康保険協会東京支部

[経済団体]

東京都商工会連合会、東京商工会議所、東京都商工会議所連合会

[自治体]

東京都

[関係団体]

東京都医師会、東京都歯科医師会、東京都薬剤師会

東京都社会保険労務士会、東京都中小企業診断士協会

東京都総合健康保険組合協議会