保険証に関する手続き

お金と同様に価値ある大切なもの

イラスト

健康保険被保険者になると、「健康保険被保険者証(保険証)」が交付されます。健康保険の被保険者であること、または被扶養者であることは、この被保険者証によってはじめて証明されます。

この被保険者証を提示する事によって、被保険者(本人)、被扶養者(扶養家族)として、業務外の健康保険の扱いで病気やケガなどについての診療、投薬、入院治療などが受けられます。したがってこの被保険者証は、お金と同様に価値のある大切なものといえるでしょう。

医療機関等に預けっぱなしにしたり、汚したりすることのないようにしましょう。また、他人との保険証の貸し借りによる不正使用は、刑法にふれます。

紛失によって思わぬトラブルに遭うこともありえますので、取り扱いには十分注意して大切に保管してください。

事由 期限 手続方法
保険証を紛失・汚損したり、余白がなくなったとき ただちに 「被保険者証等 再交付申請書」を提出。汚損・無余白の場合は保険証も提出。再発行手数料(1枚1000円)の振込票の控えの添付。
保険証の検認、更新のため提出を求められたとき ただちに 保険証を提出。
子どもの誕生、結婚・就職などで家族(被扶養者)に異動があったとき 5日以内 「被扶養者(異動)届」と必要書類に保険証を添えて提出。
結婚・離婚などで氏名に変更があったとき 5日以内 「被保険者氏名変更(訂正)届」に保険証を添えて提出。
結婚・離婚などで家族(被扶養者)の氏名に変更があったとき 5日以内 「被扶養者氏名変更(訂正)届」に保険証・住民票を添えて提出。
被扶養者が遠く離れて住むようになったとき そのつど

「被扶養者 同居・別居 申請書」に必要書類を添えて提出。

※社命による単身赴任の場合は提出不要

被保険者の資格を失ったとき 5日以内 保険証を返納。
住所が変わったとき ただちに 健保組合への住所変更の届出は不要。
自分で保険証の住所を書きかえる。
ただし、任意継続被保険者は健保組合へ届出が必要。

申請書類はこちら

資格喪失する方(した方)が、被保険者証の紛失等により、事業主へ返却が出来ない場合の届出(被保険者証の再発行が不要な場合の届出)です。

書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。

プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。

書類の提出先は、トップページ「手続きnavi」でご確認ください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。